掃除、洗濯、料理などの家事代行、ハウスクリーニング、ベビーシッター、高齢者のお見守りを提供するコピエの各種サービスプランのご紹介

家事代行HOME整理収納サービス > 特集 春こそ整理のチャンス!

特集 春こそ整理のチャンス! 新入学、就職、一人暮らしなど、ライフステージが変化する春こそ整理のチャンス!

整理収納のお悩み相談 〜その3〜

◆春は、整理収納のチャンス!

春と言えば「新入学」「就職」「一人暮らし」など暮らしが変わります。変化に合わせて物を整理する必要のある時期ですが、なかでも「引っ越し」は整理の最大のチャンスです。一度、引っ越すつもりで整理してみるのも良いかもしれません。
「新居」あるいは「目指したいお部屋」のイメージに合わない物や本当に必要のない物を持っていくのはやめて、この機会に不要な物を手放せば気持ちも暮らしもあらたなスタートが切れます。

まずは、あなたの整理スキルをチェックしてみましょう
□現在の家に引っ越してきてから開けてない段ボール箱がある
□押し入れや納戸の奥に何が入っているのか把握してない
□あげよう、捨てようと思っていてそのままになっているものがある
□頂いた物はとりあえずとっておく
□一度も引っ越したことがない

チェックの数が多い方ほど、「ただ持っているモノ」も多い可能性があります。管理しきれない物に場所とお金を使うのは、もったいないことです。
「ただ持っているモノ」は、今後も使わない可能性が大きいのです。暮らしに必要な物と「ただ持っているモノ」をきちんと分けて、自分で管理できる量にすることが、整理への一歩です。

ライフステージの変化にあわせて必要な物も変化し、いつの間にか物は増えていきます。「ただ持っているモノ」を手放したら、どこかに引っ越すつもりになって、必要な物の整理をしてみましょう。

 

◆「持ち物リスト」をつくって「見える化」を!

必要な物といっても、現在使っている物、季節外の物、思い出の物、趣味の物などさまざまです。家にどれくらいの物があるのか把握するためにも、「持ち物リスト」をつくってみましょう。

リストにしてみることで、普段見慣れた家の中の物が「見える化」されて意外と多くの量の物を持っていたことに気が付いたりするかもしれませんね。

・グループ分けを考える

例えば洋服一つとっても季節別、人別、アイテム別に分けられます。
また冠婚葬祭セットとして礼服やバッグなどをひとまとめにしておいたり、「コト」によって「モノ」を分けることによって探し回る手間をなくすことができます。

・収納先を考え定量を決める

まずは使用頻度が高く必要な物を最優先にどこに収納するか考えます。収納する場所にあわせ、日用品のストックなどを収納する定量を決めることで物の循環がうまくいきます。

・定位置を決める

収納用品やグッズを先に買ってしまうと収納場所に入らなかったりして入りそ うな場所に押し込んでしまうこともあるはず。
まずは仮に置いてみて取り出しやすいのか、しまいやすいのか確認してから定位置と決めることが大事。必要な収納用品はサイズを測ってから準備するのが良いでしょう。

 

◆まとめ

引っ越しはやみくもに手を付けて段ボール箱に詰めてしまうと、どこに入れたかわらなくなったり新居での作業も大変です。引っ越しも整理も手を動かす前にまずは頭の中で整理してみましょう。それから作業にかかるとスムーズです。

これからの新生活どんな暮らしになるのかを想像することから始めてみてください。

  Back to Top
整理収納サービス

【特集担当】

整理収納アドバイザー
山口 美佐緒

サービスのご利用の流れ お問い合わせ 0120-957-757 お得なサービス情報 暮らしのアイデアノート 街の協力店