\コピエの家事ごよみ/

暮らしの中に息づく、季節を楽しもう!

季節ごとの行事やご挨拶も、暮らしや家事の楽しみのひとつ。古くから伝わる季節ごとの慣習に家族と一緒に親しみ、暮らしの中に取り入れれば、家事がもっと楽しくなるはずです。

二十四節気って何?

二十四節気(にじゅうしせっき)は、1年を春・夏・秋・冬の四時(しじ)=四季に分け、さらに春が正月・2月・3月、夏が4月・5月・6月、秋が7月・8月・9月、冬が10月・11月・12月の、24の季節に等分されて、それぞれの季節にふさわしい特徴的な名前がつけられています。
「二十四節気」という言葉は聞いたことがなくても、立春や夏至、秋分、大寒など、季節を彩る言葉なら、一度や二度ならずも耳にしたことがあるはずです。

二十四節気は、中国の戦国時代に生まれましたが、日本では飛鳥時代に伝わり、これに土用や八十八夜などの「雑節」、ひな祭り(上巳の節句)や子どもの日(端午の節句)などの「五節句」が加わり、日本の風土や気候、慣習に合わせて発展しました。

豊かな自然に育まれた「四季」が息づく日本だからこそ、年中行事や暮らしを彩る知恵として、これらの季節が身近な暮らしに息づいているといえるでしょう。
二十四節気を通して、普段は見落としがちな暮らしの中の季節や自然を、もう一度、楽しんでみてはいかがでしょうか?

\春・夏・秋・冬の24の季節/

春(はる)

一月 立春:りっしゅん
(2月4日頃)
315度 一年のはじまりは立春からと考えられています。
お正月は「早春」や「新春」といいます。
冬と春の分かれる「節分」の翌日が、春の初日です。

・八十八夜 :立春から数えて88日目
・二百十日 :立春から数えて210日目
・二百二十日:立春から220日目
雨水:うすい
(2月19日頃)
330度 雪が雨に変わり、雪解けが始まる日です。
二月 啓蟄:けいちつ
(3月6日頃)
345度 土の中で冬を越した虫が穴を啓(ひら)いて
動き出す日です。
これから日に日に、暖かくなっていきます。
春分:しゅんぶん
(3月21日頃)
0度 昼と夜の長さが同じになる日です。
家族でお墓参りに行く方もいらっしゃいますね。
三月 清明:せいめい
(4月5日頃)
15度 清明は、「清浄明潔」、つまり
万物が生き生きと澄んで見える、という意味です。
穀雨:こくう
(4月20日頃)
30度 春の雨があらゆる穀物を潤す季節です。
この時期に種まきをすると成長がよくなるそうです。
 

夏(なつ)

四月 立夏:りっか
(5月5日頃)
45度 夏が始まる日、GWの行楽にお出かけの季節。
地域によっては、田植えが始まる頃ですね。
小満:しょうまん
(5月21日頃)
60度 秋にまいた麦などの穂がつく頃で、少し満足する、
という季節です。
五月 芒種:ぼうしゅ
(6月6日頃)
75度 稲や麦など穀物の種をまく季節です。
梅雨が始まる前に、エアコンのお手入れを忘れずに。
夏至:げし
(6月21日頃)
90度 一年で一番、昼の時間が長い日です。
この日を過ぎると本格的に夏が始まるはずですが、
実際には本格的な梅雨の季節です。
六月 小暑:しょうしょ
(7月7日頃)
105度 暑さがだんだんと強くなっていく季節です。
梅雨が明け、暑中見舞い、の季節になります。
大暑:たいしょ
(7月23日頃)
120度 暑さが最も厳しくなる季節です。
夏バテには、ウナギを食べましょう。
 

秋(あき)

七月 立秋:りっしゅう
(8月7日頃)
135度 秋が始まる日、挨拶は「残暑見舞い」に変わります。
処暑:しょしょ
(8月23日頃)
150度 暑さが終わる季節です。
残暑の暑さと秋の空気が混じり合う季節です。
八月 白露:はくろ
(9月8日頃)
165度 「陰気ようやく重なり、露凝って白し」
草花に、朝露がつくようになる季節です。
秋分:しゅうぶん
(9月23日頃)
180度 春分のように、昼の長さと夜の長さが同じ日です。
祝日ですから、お出かけにはいい日ですね。
九月 寒露:かんろ
(10月8日頃)
195度 草花に冷たい露が宿る季節です。
秋の長雨が終わり、秋も深まり始める季節ですね。
霜降:そうこう
(10月23日頃)
210度 霜が降りる季節です。
秋も深まり、紅葉が堪能できる季節ですね。
 

冬(ふゆ)

十月 立冬:りっとう
(11月7日頃)
225度 冬が始まる日です。
「冬立つ」「冬入る」などの季語が使われます。
小雪:しょうせつ
(11月22日頃)
240度 雪はさほど多くない、という季節ですが、
ますます気温が下がる季節ですね。
十一月 大雪:たいせつ
(12月7日頃)
255度 いよいよ雪が降り積もる季節です。
そろそろ年末・年始の準備をはじめましょう。
冬至:とうじ
(12月22日頃)
270度 一年で一番、昼が短い日です。
夜が長く、「生命の終わる日」ともいわれ、
厄払いのために、かぼちゃが欠かせません。
十二月 小寒:しょうかん
(1月5日頃)
285度 「寒の入り」の寒さが始まる日です。
寒中見舞いは、この日から出します。
大寒:だいかん
(1月20日頃)
300度 一年でもっとも寒い季節です。
小寒から大寒までの15日間と
大寒から立春までの15日間が「寒の内」です。
 

0120-957-757 無料ご相談 & お申し込み  ♥受付時間 9:00-18:00(日・祝除く)

お問い合わせ
Page Top